スキンケアで乾燥を予防する

スキンケアで乾燥を予防する

スキンケアには乾燥を予防するという目的もあります。肌が粉をふくようになったら、乾燥している可能性があります。正常な肌は新陳代謝が活発に行われています。そのため、常に保湿が整ったみずみずしい肌でいられるのです。

しかし、生活習慣などの乱れによって代謝が悪くなると、次第に乾燥肌になっていきます。乾燥肌は敏感肌でもあります。肌が敏感になっているので、トラブルにつながりやすいのです。スキンケアの基本は、新陳代謝を正常化させることです。美容用語のターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことを意味しています。28日周期で肌は生まれ変わり、古い角質は剥がれ落ちるのです。

しかし、代謝が悪いと角質がいつまでも残ってしまうのです。乾燥を防ぐためには、自分の肌に合った美容オイルを使用することです。ホホバオイル、オリーブオイルなどがよく用いられています。皮脂の原因になるからオイルを使用しないというスキンケアは、完全に間違った方法なのです。洗顔の回数は、1日1~2回までにしましょう。ニキビが心配だからと、1日に何回も洗顔する方がおりますが、逆に皮脂を増加させてしまうのです。何事もやりすぎはダメということです。男性ホルモンは、皮脂の分泌を増やす役割があります。男性のほうが脂性が多いのは、男性ホルモンによる影響なのです。このホルモンは、女性も分泌されています。女性で男性のような濃いヒゲを生やしている方は、男性並みに男性ホルモンが多いということです。男性ホルモンは悪者扱いされることが多いですが、肌に必要な皮脂を分泌する役割もあります。ホルモンバランスが悪いと、皮膚が不足して乾燥してしまいます。それを補うためには、保湿を特に徹底する必要があります。天然保湿因子が減少することも、乾燥の要因となります。この因子は、生活習慣の乱れによって機能が低下します。特に寝不足とストレスは大敵です。効果的なスキンケアは、体の内と外のケアをバランスよく行うことです。水分の不足も乾燥を招くので注意してください。血液はもともとドロドロした成分なのですが、水分を抱え込むことでサラサラになるのです。水分が不足すると、血液がドロドロになります。朝方に心筋梗塞が起こりやすいのは、水分が不足しているからなのです。水分を不足させないためには、こまめに水やお茶を飲むことです。寝る前に水を飲むの尿意をもよおすので悪いとされますが、スキンケアと健康のためには飲んだほうがいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です